Home/体験版/Amplify Annealing Engine (Fixstars)/

Amplify Annealing Engine

マシン仕様

Amplify Annealing Engine
実装形式GPU
結合グラフ全結合
係数精度デジタル (32/64bit)
最大ビット数100,000以上
全結合換算ビット数65,536

パラメータ

ANCARにて指定可能なパラメータは以下の通りです。
パラメータ最小値最大値デフォルト値概要
#step110010アニーリングの単位ステップ数
timeout06000010000タイムアウト時間(ミリ秒)
spinstrueスピン配列を出力するか
energiestrueエネルギー値を出力するか
sorttrueスピン配列とエネルギーをエネルギー値で昇順にソートするか
duplicatefalseエネルギー値の重複した解を出力するか
#output1スピン配列とエネルギー値の出力数 (0:全て出力)

チュートリアル

指定可能なパラメータのうち計算結果に影響があるのはtimeout#stepsの2つです。

timeout(タイムアウト)

アニーリングの実行時間を与えます。解は必ず1つ以上出力するように動作するため、指定時間以内に終了することは保証されません。

#step(ステップ数)

アニーリングスケジュールの滑らかさを表す変数 (モンテカルロステップ) を 1 以上の整数で指定します。省略した場合は自動に設定されます。 値を大きくすると解の品質が安定しますが、必要以上に大きくすると解の収束が遅くなります。

問題サンプル

サンプルとしてランダムに生成した2-正則グラフの最大カット問題を使用します。

実行

*タイムアウトを指定の場合はステップ数=1、ステップ数を指定の場合はタイムアウト=1000で固定しています。