Home/体験版/デジタルアニーラ (Fujitsu)/

デジタルアニーラ

マシン仕様

第一世代第二世代第三世代
実装形式デジタル回路デジタル回路デジタル回路
結合グラフ全結合全結合全結合
係数精度デジタル (16bit)デジタル (64bit)デジタル (64bit)
最大ビット数1,0248,192100,000
全結合換算ビット数1,0248,192100,000

パラメータ

ANCARで対応しているのは第二世代のデジタルアニーラです。(第三世代は今後対応予定です)
第二世代のDigital Annealerには以下の3種類のソルバーがあり、それぞれ設定できるパラメータや内部のアルゴリズムが異なっているため、必要に応じて使い分けることができます。
  • FujitsuDA2Solver
  • FujitsuDA2PTSolver
  • FujitsuDA2MixedModeSolver

FujitsuDA2Solver

パラメータ最小値最大値デフォルト値概要
#iteration12,000,000,0001,000,0001回のアニーリングにおける探索回数
#run16128100アニーリングの繰り返し回数

FujitsuDA2Solver (Expert)

パラメータ最小値最大値デフォルト値概要
#iteration12,000,000,0001,000,0001回のアニーリングにおける探索回数
#run16128100アニーリングの繰り返し回数
offset_increase_rate02,000,000,0000新しい状態が選ばれなかったときのエネルギー累積増分
temperature_decaytrueアニーリングの温度の減衰率
temperature_interval1trueアニーリング時の温度変更の間隔
temperature mode1EXPONENTIALアニーリング温度の変更モデル
temperture_start>0アニーリングの開始温度

FujitsuDA2PTSolver

パラメータ最小値最大値デフォルト値概要
#iteration12,000,000,0001,000,0001回のアニーリングにおける探索回数
#replica16128100レプリカ数
offset_increase_rate02,000,000,000自動新しい状態が選ばれなかったときのエネルギー累積増分

FujitsuDA2MixedModeSolver

パラメータ最小値最大値デフォルト値概要
#iteration12,000,000,0001,000,0001回のアニーリングにおける探索回数
#run16128100アニーリングの繰り返し回数
offset_increase_rate02,000,000,0000新しい状態が選ばれなかったときのエネルギー累積増分
temperature_decayアニーリングの温度の減衰率
temperature_interval1アニーリング時の温度変更の間隔
temperature_modeEXPONENTIALアニーリング温度の変更モデル
temperture_start>0アニーリングの開始温度

チュートリアル

ここでは、FujitsuDA2PTSolverを取り上げて,そのパラメータ設定によって得られる結果がどのように変化するかを試します。
準備中...